codeseek
TOP
サンプル解説
プログラミング考
codeseekBlog
勉強会
リンク
プロフィール
お読みください
掲示板(SPAMのため閉鎖)







累計:
本日
昨日



Microsoft .NET 関連サンプルの解説


6、HttpResponse.Redirect メソッド (String)

指定したURLへ飛ぶメソッドです。

クライアントに対して指定したアドレスへリダイレクトするよう指示します。

指定したURLへページを遷移する何種類かの方法のうちの1つです。
クライアント側ブラウザソフトが別ページを開くという動作を行うため、別のサーバやネットワークにあるページへもジャンプできます。近い動作をするServer.Transfer()では同じサーバにあるWebFormにだけジャンプできるという点と情報の引渡し方法が大きく違います。。


HttpResponse.Redirect メソッドの説明は

MSDN Japan Home >  MSDN Library Japan >  .NET Framework >  リファレンス >  クラス ライブラリ >  System.Web >  HttpResponse クラス >  メソッド >  Redirect メソッド > Redirect(String)

以下のページにTransferとの比較が書かれています。

ユーザーをほかのページへリダイレクトする

300 秒でズバリ !!
Web アプリケーションにおけるページ間移動の実現



言語別に解説されています。

[HOWTO] ASP.NET の Response.Redirect を Visual Basic .NET で使用する方法

[HOW TO] ASP.NET で、Visual C# .NET によって Response.Redirect を使用する方法


サンプルのここだけを読めばOK:

・Visual Basic]
Response.Redirect("http://www.microsoft.com/gohere/look.htm")

・C#]
Response.Redirect("http://www.microsoft.com/gohere/look.htm");

・JScript]
Response.Redirect("http://www.microsoft.com/gohere/look.htm")

1行しかないんで、そのままですが。


考察:
シンプルなサンプルだったので、別に説明いらなさそうです。
Webページの遷移には、Redirect、Transfer、JavaScriptによるSubmit、window.open、frame、metaタグ等他にもいろいろとあります。
これからしばらく書いていって、あとで整理する予定です。